保育園へ息子を迎えに行きました。繋いだ手の感触を忘れない。 #460

IMG_3577
 
夕方、久しぶりに保育園へ息子を迎えに行きました。以前はよく行っていたのですが、今年は仕事で遅い日が続き、普段は妻の役目になっています。
 
久しぶりに保育園に行って、部屋をのぞくと息子がいます。先生に声をかけると、息子はすぐに気づいて私の方に笑顔で駆けてきました。いきなり嬉しいじゃないですか。
 
保育園での出来事を聞きながら、一緒に門を出ます。家までは歩いて約10分の道のり。私が手を差し出すと、息子がすぐに繋いできます。柔らかくて暖かい息子の手。晴れ渡った夕暮れの中、他愛もない話をしながら歩きます。
 
歩きながら、本当に幸せだなあと思いました。いずれ息子も大きくなり、こうして手をつなぐこともなくなります。でも、今はまだその時ではありません。将来は将来。今は、この瞬間を大切にします。生きている現在を。
 
保育園から帰って数時間経った今でも、息子の手の温かさと柔らかさを思い出します。この感触、明日になれば忘れてしまうかもしれません。なんてもったいない。この手の感触を真空パックにして保存しておきたいです。
 
この先、息子とケンカすることもあるでしょう。怒鳴ってしまうこともあるでしょう。でも、その時には、今のこの気持ち、手の感触を思い出したい。
 
そんなこと不可能かもしれません。でも、こうしてブログに残しておけば、いつの日か読み返した時に、この気持ち、この手の感触を100分の1でも思い出せるかもしれません。
 
毎日のブログは、「今」の気持ちの保存装置になるかもしれません。
 
 
今日の学び
今のこの気持ち、息子の手の感触を保存することはできない。でも、ブログに書き留めておけば、将来、100分の1でも思い出せるかもしれない。
 
今日の読書中
岸見一郎・古賀史健「嫌われる勇気」再読
 
今日のラン【月間目標200キロ!】
本日0km。月間累計127km。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする