オトナにとっての将来の夢。紙に書き出して、見返そう。 #482

IMG_4043
 
娘から聞かれました。「おとうちゃんの将来の夢は何?」
 
すぐには答えきれませんでした。
 
子どもにとっての将来の夢は、多くが将来の職業でしょう。ところが、すでに大人になり定職に就いてしまうと「将来の夢」が見えにくくなります。
 
「今の仕事=子供の頃からの夢」という人は幸せです。そうではない自分のような人間にとっての、将来の夢。それは、〇年後に自分がありたい姿、だと思うのです。
 
私は〇年後にはこういう仕事をして、余暇にはこういうことをしたい、という目標を設定する。そしてその目標を達成するための工程表を作る。
 
私は昨年、この作業を行いました。当初は毎日のようにその目標と工程表を見返していたのですが、いつの頃からか見返す回数が減ってしまい、最近はほとんど見ていませんでした。
 
今日、久しぶりに目標と工程表を見返しました。目標は今後変わってもいいのです。それでも、現時点での目標を明確にしておくことが、人生を望む方向に進めるためには欠かせません。
 
 
今日の学び
自分の在りたい姿を記す。次に、その姿にたどり着くための工程を記す。これは、大人が夢を叶えるための有効な手段ではないだろうか。
 
今日の読書中
なし
 
今日のラン【月間目標200キロ!】
本日0km。月間累計0km。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする