息子にせがまれて絵本を読む。幸せな瞬間。 #56

寝室で3歳の息子を寝せようとしていると、、、

息子
お父ちゃん
ヤスヒロ
ん?
息子
お父ちゃんに絵本読んでほしい

言葉がすらっと出てきません。つかえながらポツポツと喋ります。

息子
短いのでいいけん読んで
 
寝る間際になると、私が長い絵本を読みたらないことを覚えているのです。いじらしいじゃないですか。
 
そして、息子はペラッペラの薄い絵本を持ってきました。
 
ヤスヒロ
か、かわいすぎる
 
胡坐をかいた自分の膝の上に息子がちょこんと座り、絵本を読んであげる5分程度の時間が本当に幸せでした。
 
日々の小さな幸せ。その時は覚えているのに、時間が経つと、悲しいかな、忘れてしまいます。
 
今日は、記録に残したい衝動に駆られ、記事にしました。
 
img_2876

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする