ドライブレコーダーが自意識の外側へ。脳の情報処理能力を実感。 #727

IMG_7593
 
一週間前に車に取り付けたドライブレコーダー。今日は一日に何度も車を使ったのですが、ドライブレコーダーのことを一度も意識しませんでした。
 
つい先日まで、運転するたびにドライブレコーダーの稼動状況が気になっていたのですが、とうとう意識の範囲から外れてしまったようです。
 
毎日、私たちの眼にはたくさんの情報が映ります。でも、映ったたくさんの情報のうち、意識に上る情報はほんの一部です。ほとんどの情報は眼には映っていても、意識に上がって来ません。
 
例えば、今日運転して最初にすれ違った車のナンバーは覚えているでしょうか。運転中視界に入っていたはずですが、記憶には全く残っていないはずです。
 
意識に上って来ないということは、それだけ脳のメモリーの消費を抑えたということです。脳は、こうして新たな情報の入る余地を確保しているのでしょう。
 
物事を覚えていくばかりではなく、忘れていくこともおなじぐらい大事なのかもしれません。
 
ヒトの脳の情報処理能力は素晴らしいです。自分の脳みそ、もっと上手に使いこなしたいです。いえ、使いこなします。
 
 
今日の学び
物事は覚えていくばかりではなく、不必要な情報は忘れていくことも大事。無意識の中行われる脳の情報処理能力はすばらしい。
 
今日の読書中
なし
 
今日のラン【月間目標200キロ!】
本日0km。月間累計0km。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする